お金を借りる

審査甘い金融

生活を営む上でどうしてもお金が必要になる場合が少なくありません。そういった場合に直ぐにお金が借りれる金融会社があれば便利です。事前にカードを作っておくと、必要な時にお財布代わりで使えるからです。

カードローンは銀行や消費者金融でもありますので、自分の借り入れ件数や収入で審査に通る金融業者を選びましょう。審査に通る自身がなければ、審査が甘いキャッシング会社もありますので、あきらめずに申し込んでみて下さい。

キャッシング

金貸し

消費者金融は昔の言葉で言えば金貸しです。金貸しの歴史は古く、室町時代の頃にはあったといわれています。元金を貸して利息を取って利益をあげる手法は今も昔も同じで、貸す側は莫大な利益を上げていたのです。

ただ、全国的に有名になったのは昭和30年代にサラリーマン金融が一般的になってからです。それ以前はまだどの金融業者も個人向けローンは扱っておらず、物を担保にお金を借りる質屋が全盛を誇っていた時代です。しかし、サラリーマン金融のように個人の信用で貸すシステム(無担保、無保証人)は、煩わしい手続きも不要で、簡単に借りれることから爆発的にヒットとなったのです。

全国的に広まったサラリーマン金融ですが、いとも簡単に借りれてしまうことと、現在とは比較にならないくらいの高金利であったことから、支払いが出来なくなる人が増え、厳しい取り立てが社会問題となって、サラリーマン金融のイメージは悪化していったのです。

消費者金融の台頭

イメージが悪化してしまったサラリーマン金融はその後、消費者金融と名を変えてテレビのcmなどで社会に浸透していきました。大手などは一部上場企業になるなど莫大な利益を上げていましたが、サラリーマン金融と同様に多重債務者が増えて社会問題となってしまい、法改正などで上限金利が抑制されることとなりました。

また、過去に払い過ぎた利息を返還させる過払い金請求などが全国的に展開され、体力のない金融会社などは大手に吸収されるか、閉鎖に追い込まれていったのです。

0

ご利用は計画的に

「ご利用は計画的に」というキャッチコピーをどこかの消費者金融がcmで流していたのは記憶に新しいですが、現在の消費者金融は昔と比べると各段に低金利で借りれますし、一定期間利息のつかない無利息ローンといった金融商品もあります。

それこそ計画的に利用をすれば、お財布代わりに使えるということです。しかし、計画的にいかないのが世の常で、ついつい使い過ぎてしまうのがお金の持つ魔術なのです。一度お金を借りてしまうと、毎月決まった日に決められた額を支払う義務が発生します。

しかも元金と利息を支払うことになりますので、借りた額が多ければ多いほど利息の割合が増えてしまうことになり、それこそ永久に元金が減っていかないという錯覚に陥ってしまいます。

こういった事態に陥らないためにも、自由返済方式なら決められた最低支払額ではなく、少しでも多くの額を支払うようにすれば、少しでも借金完済への道が早まると思います。

0最終更新日 2017.6.22

お金を借りるための必要条件