お金を借りる

在籍確認

消費者金融や信販会社でお金を借りる際、必ず勤務先等への在籍確認があります。それは窓口審査でもネットキャッシングでも同様で、申込書に記載された勤務先へ本当に在籍しているか否かの確認です。そこでもし虚偽の勤務先を記載していれば、即審査で落とされることになりますので、虚偽の記載は絶対にしてはいけません。

在籍確認がとれた後、借り入れ審査が開始されることになりますので、無職や専業主婦のように在籍確認がとれない人たちは審査事態が受けられないことになります。つまり門前拒否ということです。借り入れ審査の前提として、毎月一定の収入がある人と規定されていますので、収入の無い人への融資は不可能なのです。

0

そういった方は、取り合えずは派遣会社の社員登録をして、消費者金融からの在籍確認がとれるようにしましょう。そうすれば、審査に通る確率はあがります。もっとも派遣社員やアルバイトの類は、正社員と比べるとどうしても信用が落ちてしまいますので、たとえ審査に通ったとしても、借り入れ限度額は低く設定されることになります。

しかし、最初は限度額が低くても毎月きちんと借りたお金を返済していれば、信用も上がってきますので、限度額は少しづつ上がっていきます。

web完結審査

最近の大手消費者金融では、webサイトからの申し込みに際して、居住地への所在確認と勤務先への在籍確認を省略して、web申し込みのみでの審査を実施しています。これは顧客獲得競争の激化で、スピード審査を重視したものです。

居住地への所在確認や勤務先への在籍確認を実施していれば、確認作業に時間を要しますし、確認作業を実施する人員も必要となってきます。そこで、審査は信用情報機関のデータのみでやってしまおうというのがweb完結審査です。

もっともこのweb完結審査は大手のみが実施していることなので、審査は厳しいのが現実です。他社からの借り入れがある多重債務者などは、信用情報機関のデータで直ぐにわかってしまうことから、間違いなく審査で落とされることになります。

お金を借りるための必要条件